主婦におすすめ&おすすめしない在宅ワーク全17選>>

主婦のオンライン秘書体験談。給料・仕事内容は?

この記事は、現役オンライン秘書さんへのインタビューをもとに「リアルなお仕事事情」をまとめています。

インタビューしたのはこんな方

マナミさん

・30代女性
・小学生のお子さんがいるママ
・オンライン秘書歴は1年半
・前職は営業事務

おうちで稼いでます!

事務の経験を活かして働けるオンライン秘書は人気の在宅ワーク。

時給が高く安定して稼げるので、求人の倍率がかなり高い仕事でもあります。

そんなオンライン秘書の仕事内容・待遇・採用されるコツを探るべく、現役オンライン秘書の方へインタビューを決行!

  • 時給・月収は?
  • 面接では何を聞かれた?
  • どんなスキルが求められるの?

こんな疑問にお答えします。

今回インタビューしたマナミさんは在宅ワーカーの採用にも関わったことがあり、採用者目線のお話も聞けましたよ!

オンライン秘書を目指している方、ぜひ求職活動の参考にしてくださいね。

著者のプロフィール

・転勤族の妻、1歳児ママ
・フリーランスの在宅ワーカー
・今は広告運用のお仕事が中心
・在宅ワーク歴3年
・在宅ワーク最高月収15万

おうちで稼ごう
タップできる目次

オンライン秘書の応募~採用について

最初に、応募から採用までの流れについて伺いました。

  • オンライン秘書に応募したきっかけ
  • 前職でしていた仕事
  • 応募した求人サイト・募集要項
  • 採用の流れ・面接で聞かれたこと
しおみ

特に「面接で聞かれたこと」は要チェック!

オンライン秘書に応募したきっかけ

子どもが幼稚園に行き、自分の時間が持てるようになったのがきっかけです。

幼稚園は開園時間が短いため外で働くのはハードルが高く、時間の融通がきく仕事をしたいと思い在宅ワークに応募。

前職では営業事務をやっていたので、オンライン秘書なら自分の経験を活かせると思いました。

前職でしていた仕事

旅行会社でBtoB向けの営業事務・後方支援を主に担当していました。

営業さんが動きやすいように、見積書や請求書の作成から、社外の人との連絡調整までやっていました。

応募した求人サイト・募集要項

在宅ワーク求人サイトのママワークスから応募しました。

募集要項
  • 時給:1,100円~
  • 仕事内容:営業サポート
  • 必須条件:PowerPointの操作ができること

Excelは必須ではありませんでしたが、関数を使えるかどうか面接で聞かれました。

マナミさん

「頑張ります」の一言でどうにかなりました笑

採用の流れ・面接で聞かれたこと

採用ステップは4段階あり、書類選考⇒オンライン面接3回の流れでした。

①書類選考

履歴書・職務経歴書による選考

②2次面接

10分程度

  • 履歴について簡単なヒアリング
  • 在宅勤務をなぜ希望したのか?
  • 自分の性格や夢・将来への考え方
  • 悩んだ時の対応について自分の考え方

などを聞かれました。

③3次面接

20分程度

2次面接と人を変えて、同じようなことを聞かれました。

最終面接

  • 苦手なことなど、過去のマイナスの行い
  • 失敗談についての対処法

などを聞かれました。

マナミさん

聞かれそうなことは事前に答えをまとめておくといいですよ!

オンライン秘書の待遇・仕事内容について

ここからは、実際に仕事をしてみての体験談に移っていきます。

  • 仕事内容
  • 勤務形態
  • 時給・月収
  • 前職の経験が活きている点は?
  • オンライン秘書をやってよかったこと
  • 仕事について困っている点
しおみ

リアルなお仕事事情が分かります!

仕事内容

営業事務と募集要項にあったとおり

  • 打ち合わせ等の日程調整
  • メールでの連絡対応
  • Powerpointで指示された資料を作る

など、社員の方のサポート業務全般を担当しています。

勤務形態

週3〜4日、1日4〜5時間働いています。

朝は9:30から20分程度ミーティングを行い、その日のタスクを確認して勤務する流れです。 

日中指定された時間内で自由に働けています。

マナミさん

幼稚園の子どもがいるので、自由な時間に働けるのはとってもありがたいです!

時給・月収

時給は1,100円スタートで、今は1,200円

月収は平均14万円ほどです。

しおみ

在宅でこれだけ稼げるお仕事は貴重!

前職の経験が活きている点は?

営業事務の経験で得た、社外の人とやり取りした経験・上長に対しての気配り経験はオンライン秘書としての仕事に活きています。

在宅の仕事は先方の動きが見えないので、コミュニケーションを密に取らないと空回りをする可能性も。

方針やどの時点で報告をするのか、事前に確認することが重要だと感じています。

オンライン秘書をやっていてよかったこと

夫の収入に頼らず自分のものは自分で買えるようになったことです。

また、コロナ渦で夫が在宅ワークになったとき、私の方がオンラインツールの知識を持っていて柔軟に対処ができるようになっていたことに気付きました。

マナミさん

ちょっと自分に自信が持てました!

仕事について困っている点

難しいと感じている点は2つあります。

  1. 勤務時間外の仕事について対価のすり合わせ
  2. 子供が病気のときの時間確保

時間外に発生した仕事の対価について、会社とのすり合わせが難しいです。

無給で仕事をすることがないよう、時間を計測する打刻ツールの提案をしたりしました。

子供が病気になったときの勤務については本当に困りました。

幼稚園児だった息子が体調を崩した際、シッターさんを雇ったことがあります。

シッター代は時給より高くなりましたが、業務委託・時給で働く以上仕方ないのかなと思ってます。

小さいお子さんがいる方は、子どもを預けられないときの対処方法について事前に考えておくといいですよ。

オンライン秘書に採用されるコツ

オンライン秘書は人気の仕事なので、求人は狭き門。

在宅ワーカーの採用経験もあるマナミさんに、採用されるコツを伺いました。

  • どんなスキルが求められる?
  • 取っておくべき資格・勉強しておくべきことはある?
  • オンライン秘書を目指す方へアドバイス
しおみ

何よりも大事なのは、コミュニケーションスキルと向上心です!

以下の記事では、オンライン秘書になるために必要な経験・スキルについて、10名にアンケートした結果をまとめています。

ぜひこちらもご覧ください。

どんなスキルが求められる?

パソコンスキルについては、私の仕事だとPowerPoint必須。

ですが、Excelは基本ができていればOKみたいです。

実際、私は関数があまり得意ではありません。

スキル自体よりも大事なのは、できないことは素直に「分からない」と伝えること。

+α精神として「少し調べてみてもよろしいでしょうか」と自分から調べる姿勢を見せること。

今すぐできないことでも、挑戦する意欲があるなら「やってみたい」と申し出ることのほうが大切だと思っています。

しおみ

もちろん、求人によってはExcelスキル必須のところもあります!
だけど、表面上のスキルより内面が重視されてるってことですね。

取っておくべき資格・勉強しておくべきことはある?

私はオンライン秘書に直結するような資格は持っていませんが、問題なく仕事ができています。

オンライン秘書の仕事に応募するなら、事前にさまざまなツールがあることを確認しておくのをおすすめします。

  • 主に会話ツールとして:チャットワーク
  • ミーティングツールとして:Google Meet・ミートイン・Zoom等
  • タスク管理ツールとして:Trello等

など、自分はさまざまなツールを今後使いこなせるか、検討しておくことが大切です。

オンライン秘書を目指す方へアドバイス

採用者側からすると、事務系の求人はとにかく応募者が多いので、履歴書を見ても印象に残らない方がほとんどです…。

その中で、好印象を持たれやすいのは次のような方だと感じました。

  • 結論から話す人
  • 在宅勤務にこだわる理由・なりたい将来像についてしっかり意見を持っている人

ちなみに、ママワークスでは社内で求職者の情報を共有しています。

イメージ的には転職サイトのような感じで履歴・過去の勤務履歴などためていて、トラブルがあった方はNGフラグがつきます

マナミさん

どの求人でも、適当な気持ちで応募するのはやめておきましょう!

オンラインアシスタントは、在宅ワークの中でも安定した収入を得ることができます。

そのメリットを求める人も多いので、採用の切符を得るまで難しい部分もありますが、諦めずに挑戦してみてくださいね。

オンライン秘書は働きやすさ抜群の在宅ワーク

オンライン秘書の採用は狭き門。

現役オンライン秘書10名へのアンケート結果でも、社会人としての実務経験が必須なこと・高いコミュニケーション能力が求められることが分かりました。

ですが、今回のインタビューでも分かったとおり、採用のハードルが高い分働きやすさ・稼ぎやすさはバツグン

1社だけ受けて採用されるのはなかなか難しいので、求人は複数見ておくことをおすすめします!

オンライン秘書求人サービス一覧は以下の記事にまとめています。

在宅ワークの職種をもっと知りたい方は以下の記事もご覧ください。

在宅ワーク求人サイトを一覧で見たい方は以下の記事もご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる